配置を変えるだけでイメージチェンジ!レイアウトを考えてみよう!

目的に合わせて色や写真を選ぼう

目的に合わせてレイアウトを変更することで、ホームページへの集客率は大幅に変わるでしょう。大切なのは見易さとわかりやすさですが、ホームページの特性によってカラーや雰囲気を変えたほうがいいといわれています。
レイアウトを変更する場合、使う写真や広告素材に合わせてカラーを決めた方がいいでしょう。使う写真によっては黒背景よりも白背景の方が映える場合もあるからです。そのため、写真や広告素材によってカラーを変更することを覚えましょう。
広告素材を考える場合、素材の種類によってはそれほど考えなくてもいいものもあるため、事前に確認しましょう。広告素材を貼り付けないタイプのホームページであれば、気にしなくてもいいですが、アフィリエイトを考えている場合には慎重に選んでください。

何度も見直して作り上げよう

テキストデータの場合にはレイアウトに大きな変化をもたらすことがないため、そこまで考える必要はありません。ただし、ホームページの内容によって文体が影響する場合も多いため、テキストデータを使う場合には内容に沿ったものを選びましょう。広告主が提供している文体ではサイトの雰囲気にそぐわない場合には、フリーワードで作ったほうがクリック率が高まります。 サイトで一度プレビューを使い、広告素材や写真、字体などを確認し、納得できるものを作ることが重要です。 細かいことですが、メニューボタンなどを含めて、全体的な雰囲気があうホームページにすることが重要となります。レイアウトは何度でもプレビューで確認しながら調節しましょう。

© Copyright Special Tools For Websites. All Rights Reserved.